マンション管理士試験全4分野の攻略法

法令と運営に関する知識を重点的につけましょう

マンション管理士試験の出題範囲は全4分野にわたりますが、このページでは各分野の具体的な内容や特徴についてご紹介したいと思います。

(1)マンションの管理に関する法令及び実務に関すること

名称のなかに「法令」という言葉があることからもわかるように、ここでは、マンション管理に関するさまざまな法律の知識が問われます。

その中心を成すのが「建物の区分所有等に関する法律」、通称「区分所有法」で、法令分野の問題のうち実に半数近くは、この区分所有法からの出題となっています。

あとは、数ある法律のなかで出題頻度が高いのは「民法」です。民法のなかでも、取引や契約などマンション管理に関連する条文は要チェックと言えます。

法令分野で出題されるのは法律ばかりでなく、各種規約や契約書の類も試験範囲になってきます。

ここで重要なのは「マンション標準管理規約」

マンション標準管理規約は、さきほどの区分所有法の規定を規約へと落とし込んだものとなりますので、両方を比較しながら学習するのが勉強法のコツです。

(2)管理組合の運営の円滑化に関すること

管理運営分野では、主に管理実務と会計に関する知識が問われます。

とは言っても、管理実務には管理業務主任者、会計には会計士や税理士といった別の専門資格がありますので、マンション管理士試験ではそれほど深い知識が問われるわけではありません。

また、ここで学習する内容は、上の法令分野の知識がベースになっているため、法令分野がきちんとマスターできていれば、ここでつまずくことはほとんどないでしょう。

(3)マンションの建物及び附属施設の構造及び設備に関すること

マンションの構造や設備に関する極めて専門的な知識が問われるため、苦手にする受験生が多いのが、この分野の特徴です。

あえてポジティブに考えるなら、この分野からの出題数はそれほど多くありません。であれば、いたずらに時間を割くことなく必要最低限の学習にとどめ、その分を他の分野の学習にまわした方が効率的と言えるでしょう。

(4)マンションの管理の適正化の推進に関する法律に関すること

ここからの出題も、構造・設備分野同様にあまり多くありません。

ただ異なるのは、特別難しいということはなく、しっかり学習すればそのぶんきちんと得点に反映される点です。この分野はぜひ得点源にしてしまいましょう!