マンション管理士の資格をとろう

今は資格がなくてもOK!将来は分かりません

マンション管理士はマンションの管理組合に対するコンサルティングを行う資格で平成13年より新設されたものです。

厳密にはコンサルを行うための知識を有していることを証明する資格となるのですが、同じようなものと考えてよいでしょう。但し、現在はこのコンサルティング業務自体は資格を必要としていないので、資格を持っていない人でも業務を行うことは可能です。

この先、資格が必要となる可能性もゼロではありません。マンション管理士は国家資格ですから国家試験を受け合格する必要があります。

独学はおすすめしません!通学で勉強しましょう

試験はマークシートとなっており、4択で回答することになるのですが、比較的難易度の高い資格となっており、現在でもそれほど多くの有資格者がいるわけではありません。

新設当初から比べると受験者数は減少していますが、近年駅前の再開発などでマンションが建設されていたりするため注目となっている資格です。

マンション管理士は不動産業界の従事者が自身のスキルアップとして取得している資格でもあります。

難易度の高さから独学ではなく、きちんと学習することをおすすめします。きっちりと学習するならやはり予備校との通学する学習がよいでしょう。

資格のTACは通学も可能で、通信教育も行っています。実際に口コミの評価でもかなりの高評価となっています。

評価の高い理由としては初めての受験や再受験など、自分のレベルに合わせて講座が選べるのがその理由となっています。また講師陣の評価もよく、カリキュラムの編成も高評価となっています。

通信教育もおすすめです♪

通学が難しいという方には通信教育がおすすめです。通学の場合は学校まで行く時間や決められた時間での受講しないといけないなど制限があります。

通信教育であれば自分の好きな時間に勉強することができ、講義を見られる環境があれば、どこでも勉強できます。

すぐに相談できる体制がないのが不安でなければ、効率よく合格できる内容でまとめられているので、通信教育はおすすめです。