マンション管理士の資格をとるには

都市開発でマンションの建築が進み、注目の資格

マンション管理士は2001年、平成13年から始まった不動産関連の新しい資格で、マンションの管理に特化した資格です。

マンション管理士という名称はマンションを管理する人といったようにイメージされますが、実際はそうではありません。

マンションを管理する人、つまりマンションの管理組合に対してコンサルティングを行える知識を有していることを証明できる資格ということになります。

すこしややこしいですが、この資格を持っていればマンション管理組合に対してコンサルティングが可能であるということです。

最近は各地域の再開発でマンションなども多く建てられているため注目されている資格です。

マンション管理士の歴史は浅く、有資格者が他の資格に比べて少ない

マンション管理士は2001年から始まった資格で比較的新しいため、多くの有資格者がいるわけではありません。これは試験の難易度の高さも影響しています。

ですが、最近は不動産業界におけるスキルアップの資格としても注目されているのです。国家資格ですから国家試験を受けて、合格する必要があります。

そのためには勉強が必要になるわけです。独学、通信講座、予備校といった学習方法があるので、自分に合った学習方法を考えてみましょう。

例えば、通信教育のユーキャンは、自分で時間の調整ができるため、独りで学習を進められるという方には合うと言えます。ユーキャンは口コミによる評価は大きく分かれており、良い評価の人とそうでない人と半々程度です。

但し、評価のよくなかった人でも合格したうえでの評価のようです。一部、テキストに不満があるようですが、問題の解答に対してコメントがついて帰ってくるのは高評価のようです。