マンション管理士の役割

マンション管理士は専門家であり、アドバイザーでもある

最近はマンションの建設もまた増えてきています。これは大きな都市などでは駅周辺における再開発によるものが大きくなっています。

限られた土地でより多くの人たちが暮らせるようにするためには、空間を上に拡げるしかありません。ということはマンションを建設するのが効率的ということになります。

マンションは集合住宅ですからいろいろな人たちが部屋こそ違いますが同じ建物内で生活をすることになります。集団生活をするとなると、そこにはルールが必要となりますし、ルールに基づいた生活をする必要があります。多くの人たちが住んでいますから、様々な問題も出てくることになります。

そういった問題に対して、助言を行ったり、指導をするのがマンション管理士の仕事ということになります。

建築や不動産関連のスキルアップで取得している人もいる

マンション管理士は平成13年の8月に施行されたマンション管理適正化法に基づいた国家資格となっています。現在、マンション管理士を持っている人は4万人近くとなっています。

一般にマンション管理士の資格を有している人は建築関連の業界に所属していた人や以前、建築関連の仕事をしていた人たちが多くなっています。

実際にマンション管理士の取得目的としてはマンション管理士としての仕事に加えて建築関連で働いている人や、不動産関連で働いている人が仕事の幅を広げるため、つまりスキルアップのために資格を取得している場合が多くなっています。

実際に不動産業界ではたらいてる宅建士や建築士といった資格の取得者の多くがこの資格を取得しています。