マンション管理士の“勝ち組”になるための方法

マンション管理士の資格を取っても収入はピンキリ!?

マンション管理士の現状と将来性について述べたページで、世の中に流布される「マンション管理士試験は合格するのがとても難しいにもかかわらず、資格を取得したところで仕事もあまりなくて儲からない」という声を紹介しました。

実際のところは、これは誤解であるわけですが、その一方で「儲からない」と言われるからには、そう言われるだけの理由があるはずです。そこで、マンション管理士の年収について少し調べてみました。

マンション管理士の年収がそのままずばりわかる統計調査の類は見つからなかったのですが、ネット上の情報を収集すると、「400万円」というのがマンション管理士の年収の相場のようです。

現在の経済状況に鑑みると、400万円でも十分という意見もありそうですが、マンション管理士試験が非常に難しい試験だけに、合格の苦労を考えるとやはり少し物足りないかもしれません。

ちなみに、400万円というのはあくまでも平均年収です。

マンション管理士のなかには1,000万円以上の年収を稼いでいる“勝ち組”がいる一方で、平均を大きく下回る年収しか稼げていない“負け組”がいるのもまた事実です。

知識と実践力が必要な現場での対応

マンション管理士の現状と将来性について述べたページにも書きましたが、マンション管理に関するコンサルタントであるマンション管理士には、知識と実践力の両方が求められます。

マンション管理士はみな、難関のマンション管理士試験に合格しているわけですから、知識については申し分ないはずです。ということは、実践力の有無こそが年収を決定づける要因だと言っても良いでしょう。

とは言っても、元々マンション管理の現場にいた人ならいざ知らず、マンション管理士試験に合格したばかりの人には、実践力なんてなくて当然です。むしろ、マンション管理士になったあとに積極的に経験を積み、自ら進んで学ぶ姿勢こそが求められます。

そうすることで自然と、マンション管理士としての経験値は上がっていきますから、それに比例して仕事も受注できるようになるはずです。その意味では、マンション管理士の年収を上げるためには、相応の時間を費やすことが必要と言えそうです。