マンション管理士の仕事

マンション管理=マンション管理士ということではありません!

マンション管理士とはどういった人のことをいうのでしょう。マンションの管理を仕事としている人といったように感じます。

もちろん間違いではなく、マンションの管理を仕事としている場合もありますが、実際は国家資格の一つがマンション管理士であり、職種と言ったわけではありません。マンション管理士はその国家資格をもって仕事を行います。

そのため、マンション管理士になるには、マンション管理士試験に合格し、マンション管理士として登録をする必要があります。

マンション管理士は、マンション管理士以外がその名称を使用したり、似たような名称を使用することができません。

これはマンション管理士が名称独占資格であるためで、これに違反すると30万円以下の罰金となってしまいます。

ですが、管理組合に助言するといった行為など、一部の業務に関してはマンション管理士の資格を必要としないものもあります。

これはマンション管理士が独占業務ではないからです。

マンション管理の専門家がマンション管理士です

マンション管理士の仕事としては、専門知識をもって組合の管理者や所有者等の相談に乗るのが中心となります。

基本としては管理組合側の立場として、それらの相談、問題の関するサポートを行うものです。マンション管理におけるスペシャリストとして助言や指導、また援助といったコンサルティングの仕事となります。

ですから、マンションの管理をしている人がそのままマンション管理士である必要はありませんし、マンションの管理者がその資格を取得していても問題はありません。

逆に資格を持っている方が、しっかりとした知識をもっていることとなり、マンション管理において自分たちだけで的確な管理ができるということになります。